ディレクター雑談会の「ドラッカー風エクササイズ」に参加してみた。

毎週、チームのディレクターが集まって雑談会を開催しているのですが、本日僕も参加してみました。

本日の内容はドラッカー風エクセサイズ」。
プロジェクトにかかわるメンバーが以下を発表しあう。

1.自分は何が得意なのか?
2.自分はどうやって貢献するつもりなのか?
3.自分が大切に思う価値は何か?
4.チームメンバーは自分にどんな成果を期待してると思うか?



ディレクター兼プロダクトオーナー(アダ名 がしゃどくろ)提案により

* Aさん自身が、自分がどうやってサービスに貢献するつもりなのか?を発表する。
* BさんにAさんに対して期待している動き、役割を発表する。

というのを7名で1時間発表しあいました。

以下のように付箋にはっていってました↓


僕も、マネージャーとして自分の16年の役割を発表し (抱負に書いた「三方良しマネジメントで成果を残して、組織力と自分を成長させる。」 を発表)
チームメンバーからも直接色んな声を聞くことができて、自分のやる気も上がりました。

自分が思っていた役割とあまりブレがないところについては、具体的にチームメンバーに直接言われる機会が普段あまりないので、さらに頑張るぞという気になったのと
自分があまり気付けていない部分に関しては、気付きの機会になりました。


自分以外のメンバーも皆モチベーションが上がっていました。


このような同職種間、サービス間での交流機会って、会社によっては業務時間中にやるのNGだったり、プロジェクトの進行スケジュールがパツパツで時間と心に余裕が無いと参加遠慮しがちですが

コミュニケーション量を増やすことで、問題や課題に早期に気付けて早めに対応できたり
長い目で見ても (1)チームの意思疎通度が増して、結果普段の仕事がスムーズになる。 (2) 参加メンバーの気付きや成長の機会に繋がることがある。 などのメリットがあるなと思っています。

エンジニア間だとアジャイル・プロセスとかスクラムとかで、割と一般的になっているのかもしれないけど、それ以外の職種においてもやり方工夫したら良いことがある。
このような機会をチームメンバーが各々主体的に動いて開催していたりして良いなーと感じた日でした。






このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事に対する姿勢を少し変えるだけで、単純作業じゃなくて自分の成長に繋がるかもって話


100件くらいあるリストを、1つ1つ確認して分類わけする調査業を依頼したスタッフの日報に

> はてしない作業だけど、調査対象を理解するのにちょうど良い機会になった。
> 調査対象は○○を△△しているのだろうか?

というコメントが書かれていて

気付きを得て、知見を貯めて、仮説立てれていて、いいね!と思いました。

仕事自体は人によっては単純作業に感じ取れてしまう仕事だったかもしれないけど
仕事に対する姿勢や意識を少し変えるだけで、知見貯めて、次の施策に繋げることもできるし、自分の成長に繋がることもあります。

本当は仕事依頼する人が、パスする時に気付きを得やすくするようなパス出せたら良いのだろうけど、常に丁寧なパスが出せているわけではないので、パス受ける方から仕事に+αの価値産む動きができると助かります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっとしたアイデアを仕事で実践することって大事だよねって話



最近チームで良い動きをしてるスタッフがいたので、何で良いと思ったのか考えをメモしておく

◯良いと思った動き
サービスで新しくリリースした機能を紹介するお知らせや、いま開発中の新しい機能で今までサービスで試してなかった新しい表現・UIを実践していた。


その手法を実践したことによる成果はまだでてないけど、ちょっとしたアイデアを仕事の中で実践し続けることでいつかサービスを成長させる目がでる。逆に同じことだけを永遠とやっているといつかサービスが滅びる。

今までチームで誰も試していなかった手法を試すのは多少の勇気が必要だけど、たくさんチャレンジして、その中でうまくいった方法、ユーザーからポジティブな反応があった手法を繰り返すとサービスの成長に繋がる。受け身の姿勢だと前に進めないので小さなチャレンジであっても瀬間な姿勢◎。

また、サービスの成長だけじゃなくて、うまくいった経験は、自分のスキルとして身につくし、チャレンジして得られた成果をチームにフィードバックして、チームの当たり前のルールにできれば、チーム力をアップさせることもできる。

◯ちょっとした工夫、アイデアを仕事で実践するために心がけると良いと思ってること

  • 普段の生活で、情報を浴びるようにインプットする。
  • インプットした情報を自分事として受け取ることで、脳内にアイデアとして貯める。
  • 脳内に貯めたアイデアの種を、サービス運営で活かせそうなチャンスがあったら試す。

まずは上記(PDCAで言うところのPD)を実践する。
情報をアイデアするためには、自分事としてインプットすることが不可欠。サービスを作っていく人としての意識を持つ、持たないではインプットされる情報の質が異なる。情報×自分事の中からサービス運営に繋がるアイデアが産まれる。


◯試したことを検証する

  • 試したことの結果の良し悪しを把握する。
  • 成果がでたらそれを繰り返す。
  • 反応が悪ければ、改善点を考えて、他の方法を試す。
※PDCAで言うところのCA

試しっぱなしだとチャレンジの良し悪しがわからないし、効果ないことを繰り返し実践してもサービスは成長しない。


実践と検証、両方をしっかりやっていくことが大事。

※自分は実践は得意だけど、検証が不得意なので、より意識して動く。

◯成果でた経験を仕組み化できるとさらに良い

1年前に、計画→実行→検証→仕組み化 「チームのルール」(読書レビュー)という記事を書いたのですが、実践&検証をさらに仕組み化できるようになると人に、チーム力もアップするし、その仕事や手法を教えられるようなるので、リーダー目指してる人は、意識的に仕組み化させていくと良い。


アイデアを生みだすためにオススメの本


阪急コミュニケーションズ
発売日 : 1988-04-08

アタラップ
写真はこの記事に関係ないけど、先週チーム内でアニメGIFブームが突如起こったので何となくはっておきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

チームのかんばん

 うちのチームのかんばんです。


1/22




1/23


お昼に丸山とおっちーの間にはさまれた男(ぷっちょむ)の写真をセットしておいたら
夕方、離席してから席に戻ったら、ヘルメットスーツ男の写真がセットされていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スクラム研修、「試す人になろう」

 本日、スクラム研修を受けました。


業務改善のために、もっと試せることはたくさんありそうだなと感じました。
週末、整理してみて、来週からできることにチャレンジしていこうと思いました。


講師の平鍋さんが、研修の中で本田宗一郎さんの「試す人になろう」という言葉を紹介されていて非常に良い考え方だなと思いました。


HONDAのCMも見つけたので貼っておきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
定期販売に特化したサービス「カラーミーリピート」リリース ( 11/24 )
愛犬の写真を可愛いイラストに!オーダーメイドのグッズ製作!? ( 10/18 )
スリスリくんモチーフのグッズ作ってくれているのを見かけると嬉しいです ( 07/31 )
WEAR YOU ARE ( 06/14 )
プロダクトマネージャーコミュニティのオフ会で組織作りについてLTしてきた ( 06/08 )